足のむくみが特にひどかった

妊娠中はとにかく、むくみとの闘いでした。妊娠線もできてしまい、自分の体に自信がなくなり暗くなっていました。

やはり足のむくみが特にひどかったです。妊娠中期から、出産するまで(出産直後も続きましたが)常にむくみ続けていました。
少し立ち仕事をしたり、立ちっぱなしの状態が続くと、むくみの状態がより増してしまい、足がパンパンになっていました。むくんでいる箇所を指で押すと、指の形の通りにしばらくへこんだままで、色も白っぽくなっていました。足首がこんなに太かったっけ?とまるで自分の足では無い様な感じで、本当にびっくりでした。

自分なりの対策で着圧の靴下を履いたり、お風呂でマッサージをしましたが、何となく効果は感じるものの、持続はしませんでした。どうしても解消したいと思い、妊婦検診の際に先生に相談すると、漢方薬を処方してくれました。毎日飲むのは避けましたが、特にむくみがひどい時などは漢方薬を飲んでいました。
だんだん、むくみ続ける状態にも慣れていき、「妊娠中だし、仕方ないかぁ」と最後はあきらめる様になり、一時的な事だと割り切って過ごす様になりました。
出産後1週間位で少しずつむくみは解消されていき、嘘みたいに軽い足になりました。
二人目を妊娠した時も、やはり妊娠線がありました。

二人目は妊娠初期の段階から、妊娠線ができる予感を感じていました。ずっと気になっていた妊娠線にニベア青缶のクリームを利用してみることに。

やはり着圧ソックスやマッサージ、漢方薬、あとルイボスティーを飲んだりもしました。そして、妊娠中だからと割り切りました。
出産後はあれよあれよと言う間にむくみがなくなりました。

妊娠中は何をしても、むくみの解消は出来なかったのに、本当に人間の体は不思議だなぁと感じます。